私は働いているので、日々の家事、買い物、毎日の食事はかなりの負担でした。
朝食からはじまり、仕事の後に買い物に寄り、帰宅後は直ぐに夕飯の支度、それから家の片付けです。
自分の時間って無いのかと不満もありました。

とくに高齢の父の食事が、家族と同じ物では難しくなってからは、父用におかずを作らないといけない負担が増えました。
ただ作るのではなく、糖尿や体調、入れ歯の具合にあわせた食事、栄養面を考えて作るのが毎日の負担が積み重なりストレスも限界にきていました。

家族全員が同じ時間に夕食を取るなら、父だけ違うおかずは可哀想な気もしますが、父の夕飯は夕方6時~7時で、夫や息子より全然早いので、一人で食べることが多く、特に同じおかずを共にする必要はありません。
それであれば、宅配食に頼って、より良い食事を美味しく手軽に食べることができます。

宅配食は4種類のおかずがついていますので(会社によってはおかずの量は違うと思います)、温めるだけで4種類の栄養バランスに優れた食事が取れるのは本当に助かります。
夕飯に2食の献立を考えて作る手間がなくなったのは、私にとって本当に助かりストレスがなくなりました。
父だけおじやにしたり、どうしてもおかずが偏ってしまっていました。

食材の買い物も、父用に里芋を買ったり、かぼちゃを煮るために買ったり、父用に買い物を多くする事も多くなっており、食費の負担も少しずつ増えていっていました。

宅配食の1食の料金もまちまちですが、400円くらいから600円くらいでしょうか。
年金で十分に支払える金額ですし、家族の家計は一緒にもしているので、買い物の量や手間を考えても大きな負担ではありません。
それよりも、粗末な食事で低栄養になったり体を弱らせて病院通いになられたほうが、よほど大変です。

日々の食事で健康状態は大きく変わると思います。

私が残業で遅い日には、父は一人で冷凍庫からお弁当を取り出して温めて食べるのですが、高齢者でも電子レンジで温めるだけなので、火元の心配もありません。
一人でも食べられるように、何日か分の白米も小分けにして冷凍にしています。
元々、食事を作るはおろか家事など全くしない父でも、これくらいはできます。

かえって自分でやるようになって良いかもしれないと思っています。
毎日違う家庭の味が食べられて父も満足しているようですし、私にとっても日々の負担が軽減されて楽になりました。

宅配食のメリットはまだまだ沢山ありますが、ひとまずホッとしたところです。